無料会員登録

技能検定対策講座 前提知識篇

H0101

【基礎編1】 経済設計と設備品質を両立した設計手法

望木 正美

内容

1.図面書き直しのない「設計手順」と「DR(デザインレビュー:設計審査)」
2.設備、治具設計の基本的設計法

前提知識等

受講生として機械設計技師を想定していますが、ほか生産管理員にも有用な内容です。

受講形態

Zoom等での双方向ライブ配信等

H0102

【基礎編2】 「コスト重視」の設備設計 ― 貴社図面による原価低減実践―

望木 正美

内容

1.コスト算出能力の向上
2.安くつくるための構造設計

前提知識等

受講生として機械設計技師を想定していますが、ほか生産管理員にも有用な内容です。
事前に貴社図面をご提出いただければ、講座内で実際に添削します。その場合は開講10日前までに
事務局までお送りください。

受講形態

Zoom等での双方向ライブ配信等

H0103

【基礎演習】 機械設計の実践的演習とその解説

望木 正美

内容

最適公差設計、ボルト締結設計 他(事前に課題をお渡ししますので、ご解答のうえご参加ください)
基礎編1・2の内容の理解定着度を計ります

前提知識等

受講生として機械設計技師を想定しています。

受講形態

Zoom等での双方向ライブ配信等

H0104

【応用編】 「失敗しない」モノづくり

望木 正美

内容

1.設計盲点の「気づき」の醸成
2.課題対処の方策とその事例

前提知識等

受講生として機械設計技師を想定していますが、ほか生産管理員にも有用な内容です。基礎編受講の有
無は問いませんが、基礎編レベルはクリアしているものとしてレクチャーします。

受講形態

Zoom等での双方向ライブ配信等

技能検定対策講座 答案練習篇

G0101

国家検定 1級機械・プラント製図技能士 完全取得講座

望木 正美

内容

― 技能検定(国家検定)とは ―
技能検定とは、労働者が働くうえで身につける、または必要とされる技能の習得レベルを評価する国家検定制度で、職業能力開発促進法に基づき、都道府県職業能力開発協会等により実施されています。詳細につきましては、厚生労働省「技のとびら」、中央職業能力開発協会「技能検定のご案内」をご参照ください。
機械加工、建築大工やファイナンシャル・プランニングなど全部で130職種の試験がありますが、本講座で対応している「機械・プラント製図」1級(実技試験)は、計算問題を含む実技試験問題および課題図(機械装置を組み立てた状態の図面)から、指定された部品図を5時間で作成する試験です。

本講座では、本試験に即した5時間の尺をそのままに体感しながら、実際に答案作成(=製図)を各受講生にしていただきます。
解答時間中、講師が受講生の製図作業を実際にひとりひとり見て回り、本試験の限られた時間のなかで効率的に得点していけるやりかたを、スキルに合わせて個別に指導いたします。
また、すべての受講生が押さえておくべき重要なポイントについては、時間の最後にまとめてレクチャーします。
本試験のレベルに即して各回完結で行いますので、どの開催回から参加されても、あるいは仕事の都合等で途中回をお休みされても基本的には問題ありません。
「今回が初受験のかたでもトータル8回程度受講すれば合格水準に達する」がひとつの目安となっております。

前提知識等

CADでの機械設計実務経験が約半年以上あればご参加いただけます。
また、技能検定対策講座 前提知識篇をご受講いただきますと、さらに効果的です。

受講形態

弊社会議室(東京都町田市)にて、生講義による開講になります。CADの種類は特に問いません。ご自身のPCをお持込みください。(ディスプレイは無料でお貸ししております)持込困難の場合は事務局までご相談ください。社内PCをお貸しいたします。その場合はAutoCADとなります。

G0201

国家検定 2級機械・プラント製図技能士 完全取得講座

望木 正美

内容

― 技能検定(国家検定)とは ―
技能検定とは、労働者が働くうえで身につける、または必要とされる技能の習得レベルを評価する国家検定制度で、職業能力開発促進法に基づき、都道府県職業能力開発協会等により実施されています。詳細につきましては、厚生労働省「技のとびら」、中央職業能力開発協会「技能検定のご案内」をご参照ください。
機械加工、建築大工やファイナンシャル・プランニングなど全部で130職種の試験がありますが、本講座で対応している「機械・プラント製図」2級(実技試験)は、実技試験問題および課題図(機械装置を組み立てた状態の図面)から、指定された部品図を4時間で作成する試験です。

本講座では、本試験に即した4時間の尺をそのままに体感しながら、実際に答案作成(=製図)を各受講生にしていただきます。解答時間中、講師が受講生の製図作業を実際にひとりひとり見て回り、本試験の限られた時間のなかで効率的に得点していけるやりかたを、スキルに合わせて個別に指導いたします。
また、すべての受講生が押さえておくべき重要なポイントについては、時間の最後にまとめてレクチャーします。
本試験のレベルに即して各回完結で行いますので、どの開催回から参加されても、あるいは仕事の都合等で途中回をお休みされても基本的には問題ありません。
「今回が初受験のかたでもトータル8回程度受講すれば合格水準に達する」がひとつの目安となっております。

前提知識等

CADでの機械設計実務経験が約半年以上あればご参加いただけます。
また、技能検定対策講座 前提知識篇をご受講いただきますと、さらに効果的です。

受講形態

弊社会議室(東京都町田市)にて、生講義による開講になります。CADの種類は特に問いません。ご自身のPCをお持込みください。(ディスプレイは無料でお貸ししております)持込困難の場合は事務局までご相談ください。社内PCをお貸しいたします。その場合はAutoCADとなります。

設計士養成講座(ビスポーク)

B0101

実践!! 実機 DR (デザインレビュー:設計審査)の実施

望木 正美

内容

工場内の実機を前に「QCD(Quality・Cost・Delivery)」観点で全員討議

前提知識等

受講生として機械設計技師を想定していますが、ほか生産管理員、技術営業職にも有用な内容です。

受講形態

B0101はビスポーク講座です。自社工場等、ご希望の場所・日程での出張講義をいたします。 H0101~H0104と併せての受講が効果的です。

実用講座

P0101

実用 セールスエンジニア養成講座

望木 正美

内容

既製品ではない、いわばオーダーメイド、セミオーダーメイドである生産機械設備の営業マンにとって、機械技術の基礎知識、生産現場での常識を踏まえておくことは商談成立に至る必要条件といえます。
また、本来であれば相手先が作成すべき「設備仕様書」の作成が求められる場面も少なくありませんが、ともすれば「自分は技術職出身でないから…」と臆しがちではないでしょうか。

本講座では実例ベースのケーススタディにより、これらに対応できる知識とスキルを習得し、受発注関係者のインターフェイス、架け橋となるセールスエンジニアになれるようレクチャーします。
意識することができる「ニガテ」は、克服すれば逆に強みとなります。本講座での学びを通じて、「頼れるセールスエンジニア」を目指しましょう。

前提知識等

受講生として、商社で機械設備の営業に携わるかた、製造業で営業技術職にあるかたを想定しています。前提知識等は受講生のレベル感に応じて講座内で解説します。

受講形態

Zoom等での双方向ライブ配信または生講義

えすくえら ぷらちのは、

株式会社メカニカル技研が運営しております。
各サービスに関してのお問い合わせも承っております。
どうぞお気軽にお問い合わせください。